社交ダンス と 競技ダンスの違いはココ!

ラテンダンスを踊るカップル

社交ダンスと競技ダンス、 初心者にとって、この違いは疑問であるもの。社交ダンスがスポーツ化されて、競うものが競技ダンスですが、具体的に競技ダンスと社交ダンスは一緒のものでしょうか?デモで踊るのは一体何ダンスでしょうか?そんなささやかな疑問に対して、答えをまとめました。

社交ダンスとは?

社交ダンスとは、その名の通り、社交の場で、男女がペアで踊るものです。ダンスパーティで踊ることを目的としているので、ダンスのスキルのほか、社交マナーも身につけなくてはいけません。
パーティでは、特定の相手ではなく、色々な相手と気持ちよくダンスが出来なければいけないことと、色々な相手と、社交的に会話が出来たり、楽しめなくてはいけません。
イメージとしては、音楽の流れる広いホールで、沢山の男女がダンスを緩やかに楽しんでいるイメージです。

社交ダンスに必要なこと
  • 最低限のダンスステップ
  • 社交的な男性リード、女性フォローのスキル
  • 社交マナー
  • 場にあった服装
  • 場にあった行動、エチケット
  • パーティ用衣装

競技ダンスとは?

競技ダンスは、最近テレビでも放送されることがありますし、漫画、「ボールルームへようこそ」でも書かれていますので、「社交ダンス=競技ダンス」と考える人も多いようです。
競技ダンスは、社交ダンスをスポーツ化して、美しさを競うものです。競技会でフロアで背番号をつけて、同じパートナーと何種類ものダンスを踊り、激しく競い合います。

競技ダンスに必要なこと
  • ステップ以上のダンススキル
  • 体幹のある身体能力
  • スタミナ、強い精神力、闘争心
  • 決まったパートナー
  • 沢山の練習
  • 競技用衣装

デモンストレーションで踊るダンスは?

それでは、発表会などで踊られるダンスはいかがでしょうか?
これは、どちらかと言うと競技ダンスに近いものがあります。なぜならば、発表会は人にみせるものだからです。
社交ダンスは、自分だけ楽しければよいですが、発表会は、観ている人を気持ちよくさせなければいけません。自分ではなく、観客重視です。と言う事は、みせる競技ダンスが応用できます。
競技ダンスのように、周りと競ったりはしませんから、優雅に楽しく、そして大きく美しく踊るものです。それをするために、競技の踊り方を取り入れていくわけです。
とはいうものの、プロの競技選手と、趣味のお客様では体幹が異なるものですから、発表会では、その人ができる範囲での踊り方、と言う事になります。
どれもできるようになると本当に楽しいのが、このダンスかもしれません。
銀座にある、国際派社交ダンスコミュニティレッスンはこちら
[contact-form][contact-field label=”Name” type=”name” required=”1″ /][contact-field label=”Email” type=”email” required=”1″ /][contact-field label=”Website” type=”url” /][contact-field label=”Comment” type=”textarea” required=”1″ /][/contact-form]

Related Articles

Responses

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Booking

News Letter